吉野式記憶術を本で学ぶことは出来る?

吉野式記憶術を本で学ぶことは出来る?

オンラインで講義を受ける形となっている吉野式記憶術ですが、やはりオンラインで学ぶのもいいですが、確実に本といった紙媒体でも勉強したいと思う方もいるはずです。

確かに紙媒体は講義と違って自分で覚えていくという学習意欲を高めることも出来ますし、大事なところに付箋やマーカーなどを引いて自分用にカスタムすることも出来ます。

ノートを取ってメモをしていくというのもやり方としてはありますが、要点を上手に書いておかないと自身でも混乱するノートになってしまいますし、ノートを取るというのもある種技術がいりますからね。

そこでここでは本で学べないかということを調べていきます。

吉野式記憶術公式HP

吉野式記憶術は本で学べる!

現在の講義を本にまとめているのは今の段階では出版されていることは確認されていません。

しかし、吉野さんは13万部も売った大ベストセラー「イラスト記憶法で脳に刷り込む英単語1880」という本を出版しています。

ですので、この本は英単語を覚えることに特化はしていますが、本で読めるのは大きな利点でしょう。

さらに吉野式記憶術がどういうものなのかは確実にわかりますからね。

吉野さんの本の入手方法は?

発売されたのが2017年になりますので、もしかしたら普通の本屋さんでは在庫としておいていない可能性もあります。

しかし今は通販が便利になっているのでamazonに頼めばすぐに手元に届くことが出来ます。

さらに本は持ち運ぶのが面倒だという方のために電子書籍としても販売されていますので、紙媒体、電子書籍と両方から選ぶことが出来るのは選択肢が広がるという点に関してはいいでしょう。

電子書籍なら数分で手元で読むことが出来ますからね。

またこの本は脳に刷り込むという吉野式記憶術の基礎が詰まっているのでテキストとしても利用出来ますし、入門編として試してみるのもありかもしれません。

値段も1600円程度なので気軽に購入できます。

本で学ぶことの意味とは?

本はやはり自分の目で見て覚えていくということに関しては優れた手段です。

それに自主的に動くことも出来ます。落ちこぼれを出さないというのをモットーにしている吉野式記憶術ですが、やはり自分自身で学ぶ気がない方は自主的に動く方に比べてスピードが違います。

自分のやる気を奮起させるという意味手元ですぐに読んで復習をしていきたいという方に関しては本で読むことは十分に意味があるでしょう。

それに講義を組み合わすことができれば百人力です。

吉野式記憶術公式HP TOPページを見る