語学力を活かせる職業について

語学力を活かせる職業について

きっと外国語を使いこなして仕事をすることに、憧れを抱く方も多いと思います。

語学ビジネス市場は活発化しているため、吉野式記憶術2.0を習得して語学力を身に付けたいという人もいますよね?

そこで身につけた語学力を活かせる職業についてみていきましょう。

60代でも効果あり!
吉野式記憶術2.0公式で無料体験!

ツアーデスク

ツアーデスクとは、旅行会社の販売を担当しているスタッフが常駐している窓口のことです。

時にはトラベルに遭遇した人を手助けすることもあるため、最低でも日常会話レベルの語学力が必要になります。

特にインバウンドを扱う場合は、日本に観光に来る外国人旅行客を相手にするので、高度なスキルが求められることもあるようです。

語学教師・語学講師

語学教師は塾や学校、個人で開業して生徒に語学を教えます。

生徒の年齢層が子供から大人まで幅広く、生徒の語学習得も差があり、生徒一人ひとりに合わせた学習が必要になります。

普段から最新のニュースや海外の流行などをインプットすることで、生徒とのコミュニケーションを円滑にすることができるため、こういった部分でも吉野式記憶術2.0が役立ちそうですね。

通訳・翻訳

通訳はテレビで目にすることも多い職業で、様々な言語のニーズがあります。

例えば一国を代表する著名人や政治家と話す機会があるかもしれない点は、通訳の仕事の魅力ですよね。

また通訳はハードルが高いという人は、翻訳の仕事という選択肢もあります。

翻訳の仕事で最も需要が多いのがビジネス文書翻訳、医療翻訳、機械等のマニュアルを扱う産業翻訳、人気が高い映像字幕翻訳など様々な分野もあるのでやりがいがありますよね。

バイヤー

バイヤーとは、商品を仕入れる担当者のことで、商品を店舗で売るためには欠かせない存在です。

バイヤーズセレクションというまだあまり注目されていない良い商品が集まったコーナーなどを目にしたことがあるんじゃないでしょうか。

最近は実店舗のみならず、ネット店舗も多数存在するため、活躍の場は以前より増えています。

かといって売れ残って在庫が多くなれば、バイヤーの責任が問われてしまうので、売れ筋商品を見極める目が必要になってきます。

それと同時に海外から仕入れるとなれば、いかに安く仕入れるかという値引き交渉ができる語学力も求められます。

バイヤーが品物を過不足なく適切に買い付けることができるかどうかは、会社の売り上げに大きく関わりますので、責任もありますがやりがいがあるポジションだと言えますね。

もし興味がある人は語学力をアップさせて、こういった業界に飛び込んでみてはいかがでしょうか。

60代でも効果あり!
吉野式記憶術2.0公式で無料体験!
TOPページを見る